FC2ブログ

蒸気人間事件

〈蒸奇都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~
蒸気人間事件
(ジョウキニンゲンジケン)

シリーズ「幻影の双貌(そうぼう)」第二弾です。
挿絵付きの長編となります。
前作『手向けの花は路地裏に』に引き続き、
デザインおよび挿絵はへっぽこタルト様に担当していただきました。
「幻影の双貌篇」についてはこちらの記事をご覧ください

書影
蒸気人間事件表紙

頒価:1000円
頁数:320ページ
版型:文庫版(A6判)
発行日:2017/10/28
原案:蒸奇都市倶楽部(人見広介)
著者:蒸奇都市倶楽部(人見広介、シワ)
監修:蒸奇都市倶楽部
デザイン・挿絵:へっぽこタルト

在庫
多数

あらすじ
雨上がりの夜には《蒸気人間》が現れる――。
蒸気機関によって成り立つ〈蒸気都市〉帝都でささやかれる怪異。

大学生、鴻池瞭は親友の庚絵梨との帰り道で、不審な蒸気の溜まりを目撃する。
それは帝都の白い闇に潜む怪異の先触れであった。
吹き上がる白い蒸気から出現し、人を襲うといわれる怪異《蒸気人間》。
晴れぬ真っ白な蒸気溜まりの中で《蒸気人間》に遭遇した瞭に、その虚ろな手が伸びて――。

三大碩学の一人、《蒸気卿》によってその場を切り抜けた瞭であったが、《蒸気人間》に惹かれるものを感じていた。
《蒸気卿》もまた同様に《蒸気人間》という存在に興味を示し、瞭に、調べるのならば協力すると申し出るのであった。
《蒸気人間》を調査することになった瞭と《蒸気卿》は、帝都最大の記録の保管場所へと赴く。

《蒸気卿》と共に《蒸気人間》の正体を調べていた瞭は、驚くべき事実を目の当たりにする。
白く煙る夜の帝都を徘徊する怪談の正体とは。




サンプル公開
創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま


本文と挿絵の見本
※サンプルは実寸ではありません
実寸はA6版、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*17ページ~19ページ
サンプル17 サンプル18 サンプル19

*122ページ~123ページ(挿絵)
サンプル122


訂正
蒸気人間事件・年表訂正
(2017年10月29日追加)

以下、上記サンプル画像から本文(文章)のみの抜粋です。


続きを読む

新刊掲載期間について

イベント終了後に既刊情報へと移動させます。

※記事分類の「新刊」選択時に当案内が最上部にある場合は既刊まとめをご覧ください。
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室