FC2ブログ

「幻影の双貌篇」

※ブログの掲載順の関係から本記事の日付は随時動きます。

2016年3月の新刊『手向けの花は路地裏に』より、
当倶楽部が発行する冊子の一部にシリーズ名をつける運びとなりました。

〈蒸気都市〉帝都~幻影の双貌篇~

幻影の双貌は「ゲンエイのソウボウ」と読みます。
「〈蒸気都市〉帝都」部分はあってもなくてもよいです。
また「篇」と「編」は特に使い分けておりません。
以下、シリーズ概要、シリーズ解説などです。

シリーズ概要

かつて帝都に一人の“怪人”がいた。
戦後の混乱期に帝都を荒らしまわり、人々の混乱と恐怖を助長し、
〈黄金〉の名のもと大いなる不安をいだかせた怪人の名を《幻影男爵》という。
かつて帝都に一人の“探偵”がいた。
《幻影男爵》が跋扈する戦後の混乱期に現れ、人々を救い、不安を取り除け、
大いなる希望と新たなる探偵像をいだかせた探偵の名を幻城影郎という。
戦後の帝都に相並ぶ怪人と探偵。長きにわたって対決を繰り広げた。

雌雄の決さぬままに戦後の混乱期が収束し、帝都は独立を果たし、「完全な戦後」が訪れる。
そして帝都を支配するあの《時計塔》が完成したとき、二人は〈閉ざされた黄金の夜〉に消えた。
旧い時代に別れを告げるかのように……。

それからほどなくして一つの組織が産声を上げる──〈黄金の幻影の結社〉。
消えた怪人《幻影男爵》を総帥にいただき、その意向を継ぎ、帝都に〈黄金〉をもたらさんと暗躍をはじめる。
〈人形〉と呼ばれる不気味な戦闘員と数名の幹部からなる彼ら〈結社〉の目的は〈混沌なる黄金〉。
大業にして悲願。叶えるべき夢。実現すべき未来。誰もが待ち望む黄金。
彩る言葉は数あれど、それが何を指すのかは誰も知らず、全ては謎に包まれている。

裏社会の人間でさえもが関わり合いを避ける〈黄金の幻影の結社〉に対峙するは、
かの名探偵《黄金仮面の王》こと幻城影郎の意志を継いだ探偵たち。
いいや、探偵だけではない。事件に巻き込まれた人々だっている。
全てが絡み合うとき、混沌をかざす黄金がやってくる。

さあ、あなたも共に〈黄金〉の輝きをその目に。
〈蒸気都市〉帝都に〈黄金〉をいだく者たちの物語が幕を開ける───



シリーズ解説

「幻影の双貌篇」は蒸奇都市倶楽部の作中に登場する組織、
〈黄金の幻影の結社〉および彼らの目的〈混沌なる黄金〉をめぐる作品群に冠されるシリーズ名です。
同シリーズは基本的に連作です。取り扱う主な出来事や事件はその冊子で完結する形態をとります(上下分冊構想がある一部の作品を除きます)。すなわち連続もの(=内容や本文が「つづく」等で直接引き継がせる)といった形ではありません。しかし蒸奇都市倶楽部の作品展開の性質上、つまり同一の世界設定を用いている手前、作品をまたぐ登場人物、基本となる設定の共有といった要素が含まれ、かつ積み重なっていきますので、お求めの際にはご注意ください。

引き続きシリーズ名を冠さない作品も刊行してまいりますが、
各設定部分に関してはやはり作品の展開上、共通の事項等は避けられません。
この点、あらかじめご了承ください。

◇幻影の双貌篇 作品目録
◆文庫
(04)「鐵と金剛
(03)「暗翳の火床
(02)「蒸気人間事件
(01)「手向けの花は路地裏に
(※冊子名の前の数字は当記事だけでの便宜的なものです)

◆各冊子収録昨
※【】内は収録
・暗翳の火床【蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」/第二号「鐡と金剛」:ともに在庫なし】(*1)
・鐡と金剛【同上】(*2)
(*1)(03)『暗翳の火床』として文庫化しました。
(*2)(04)『鐵と金剛』として文庫化

・「蠱中の天」【「蠱中の天」
(*)在庫なしです。Web化を予定しています。しばらくお待ちください。

・「白き貌」
『小説家になろう』「白き貌」:(リンク先は掲載先「小説家になろう」様です)
『カクヨム』「白き貌」:(リンク先は掲載先「小説家になろう」様です)



以下、なぜシリーズ名をつけるにいたったのかという、長々しい内情です。
読まなくてもまったく差し支えありません。

続きを読む

暗翳の火床

〈蒸奇都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~
暗翳の火床
(アンエイのかしょう)

シリーズ「幻影の双貌(そうぼう)」第三弾です。
文庫判532ページと当倶楽部過去最大級の分厚さでお送りします。
「幻影の双貌篇」についてはこちらの記事をご覧ください

本作品はWeb上で無償公開しています。
『暗翳の火床』Web版の更新日など

書影
暗翳の火床表紙

諸情報
頒価:1500円
頁数:532ページ
版型:文庫判(A6)
発行日:2019/10/12
著者:蒸奇都市倶楽部(シワ)
原案・監修:蒸奇都市倶楽部
デザイン・挿絵:へっぽこタルト

在庫
多数

あらすじ
蒸気機関全盛のこの時代、最もその恩恵に浴した国があった――都市国家、帝都。
〈蒸気都市〉とも呼ばれこの国は多大なる発展と発達を遂げていた。

いまその帝都に一人の女が降り立った。
大陸の東、蒸気機関のまだ普及せぬ地よりこの帝都へ赴任を果たした彼女の名は南海楓。
初めての帝都では見るもの、聞くもの、経験するもの、なにもかもが新鮮で、
地方から出てきた楓は、その煤煙のすさまじさに目まいを覚えるほどであった。

だが、そうした華やかな都会には犯罪もつきもの。
赴任先へ向かう路地裏にて、楓は遭遇してしまう。
仮面を着けた詰襟姿の一団――犯罪組織〈黄金の幻影の結社〉の構成員たちに。
自分はなにか変なことに巻き込まれたのでは。
いやな予感を覚えながらも話しかける楓に、連中がいきなり襲いかかってきた……。

またその出来事を影からうかがう特高――特別高度警察隊の目があった。

    *

いまその帝都では密やかに人さらいが起きていた。
東部市の人目のつかぬ通りにて、身元不明の浮浪者が連れ去られているのだという。
だが現場は路地裏、被害者は浮浪者とあって、警察はろくに動きもせぬ。
しかしその陰には〈黄金の幻影の結社〉の構成員の姿がちらほらと見えるという。
となれば看過していられないのが帝都探偵協会の坂下探偵であった。

路地裏で〈結社〉構成員を撃退した彼らは、先ほどまで襲われていた女性の安否を気遣い接触を図る。

    *

坂下探偵は楓が路地裏で見た存在について証言を求める。
すると楓はあれは『地縛霊』ではなかったか、などと言いだして……。

探偵と巫女が出会う時、炎に封ぜられたものが天を求める。



初出
『暗翳の火床』は過去の発行物『蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」』(2013年、在庫なし絶版)掲載の『暗翳の火床‐地下炉‐(前編)』ならびに、『蒸奇都市倶楽部報 第二号「鐡と金剛」』(同年、在庫なし絶版)掲載の『暗翳の火床‐灰かぶりの雨‐(後編)』『楓待つ山吹(暗翳の火床 補遺)』を、大幅に加筆修正したうえで文庫化したものです。



サンプル
試し読みとして作品序盤のダイジェスト版を PDF ファイルで Google ドライブにて公開しています。
下記よりダウンロード等でご覧ください。ダイジェスト版はA5判31ページ、ファイルサイズ約3MBとなります。

『暗翳の火床』試し読みダイジェスト(PDF/単ページ):約3MB


「暗翳の火床」試読本

また上記ダイジェスト版に加え、登場人物紹介や作品世界の設定概要、シリーズ案内、
サークル案内などをまとめた『暗翳の火床』お試し本(A5判40ページ)も同様に公開しています。
当倶楽部の作品が初めての方はこちらの冊子をダウンロードしてご覧ください。
(※『試読本』は各出展先で無料配布している冊子データをアップロードしたものです。
 冊子が欲しい方はイベントでお求めください。また品切れの際はご容赦ください。)

『暗翳の火床』お試し本(PDF/見開き):約4MB

『暗翳の火床』お試し本(PDF/単ページ):約10MB



本文の見本
※サンプルは実寸ではありません
実寸はA6判、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*試読本抜粋
shidoku_omote shidoku_ind

shidoku_1

shidoku_2




訂正とお詫び

冊子版に入稿時点での誤脱がありました。訂正してお詫び申し上げます。
校正の見落としです、申し訳ございません。
(*『小説家になろう』『カクヨム』掲載のWeb版では訂正済です。)

20200412冊子エラッタ

110ページ5行目
〈誤〉話を聞ききながら、楓はその誠実さを感じ取っていた。
〈正〉話を聞きながら、楓はその誠実さを感じ取っていた。

164ページ18行目
〈誤〉深く一礼して探偵が探偵を出ていく。
〈正〉深く一礼して探偵が出ていく。

166ページ8行目
〈誤〉その空気に馴染みんでしまっていた。
〈正〉その空気に馴染んでしまっていた。

194ページ4行目
〈誤〉一般市民に被害が出たるような場合に限られている。
〈正〉一般市民に被害が出るような場合に限られている。

253ページ10行目
〈誤〉たぶん坂上の兄貴や俺が楓姉ちゃんに絡んだからだ、と。
〈正〉たぶん兄貴や俺が楓姉ちゃんに絡んだからだ、と。


冊子版通販

BOOTHにて通販を行っております。

『暗翳の火床』通販



Web掲載版

『暗翳の火床』は2019年度内を目途に
無料で読めるWeb版での公開を予定しております。


2020年3月20日より公開開始!


掲載先

『小説家になろう』様

『カクヨム』様

各リンクから該当サイトの小説ページへ飛べます
※いずれのサイトも掲載内容に違いはありません(冊子版と同じ内容です)


Web掲載にあたっての告知は以下の記事をご覧ください。
『暗翳の火床』Web小説掲載

蒸奇倶楽部のツイッターならび『小説になろう』または『カクヨム』のアカウントをフォローしていただけますと、
Web公開や掲載についての最新情報をお知らせできます。ぜひこの機会にフォローをお願いします。
蒸奇都市倶楽部ツイッター

『小説家になろう』さま:蒸奇都市倶楽部

『カクヨム』さま:蒸奇都市倶楽部

(2020年3月20日:Web版公開に伴い記事内容を一部差し替え)

短編集「科学文明の海」

蒸奇都市倶楽部報 短編集「科学文明の海」
(カガクブンメイのウミ)

〈蒸気都市〉帝都は事件に溢れている。
満ちているが、その事件の裏には数えきれないほどの日々が詰まっている。
事件続きの都市においてこうした日常は案外と忘れられがちだ。
これは、誰かが記憶しているなんでもない日常の一頁。




◇概要
およそ4年半ぶりの蒸奇都市倶楽部報となります(発行は前回の『蒸気人間事件』から1年半ぶりです)。
8つのお題に沿った12作収録の短編集(掌編)です。
※収録作の一部は「小説家になろう」等のWeb上に公開されている作品からの改稿です。

お題と収録作品
(※掲載順に お題:収録作 の並びです)
(1)初めての××:帝都へ(※1)
(2)再会:再会する終幕
(3)猫:九つの命
(4)祭:縁日の出来事(※2)
(5)初めての××:初乗り乙女(※3)
(6)再会:再会は別れの序なり(※1)
(7)猫:被るは
(8)和:鷹匠相和す
(9)嘘:契情騙記(※2)
(10)祭:楓励ます山吹
(11)海:科学文明の海(表題作)
(12)花:黄色い疵(※2)

(※1)「小説家になろう」掲載
(※2)『Text-Revolutions』のWebアンソロジーに掲載
(※3)『Text-Revolutions』の冊子アンソロジーに掲載(2019年3月現在、在庫なし)

各種情報
頒価:500円
頁数:140ページ
版型:A5判
発行日:2018/3/21 初版 / 2019/9/30 二版
(初版在庫なし。現在は二版のみ頒布)
著者:蒸奇都市倶楽部(人見広介、シワ)
原案/監修/発行:蒸奇都市倶楽部

在庫
多数

サンプル
各Web上で公開されている作品をご覧ください。
以下に各掲載アドレスを示します。
※掲載作品は本誌収録前の改題・改稿前のものです

(1)初めての××:蒸気都市へ
小説家になろう掲載『帝都へ』改題改稿
https://ncode.syosetu.com/n6575cl/

(4)祭:縁日の出来事
『Text-Revolutions』第6回Webアンソロ「祭」『消えるも深めるも』改題・改稿
https://text-revolutions.com/event/archives/6740

(6)再会:再会は別れの序なり
小説家になろう掲載『再会は別れの序なり』改稿
https://ncode.syosetu.com/n2856cx

(9)嘘:契情騙記
『Text-Revolutions』第5回Webアンソロ「嘘」『契情騙記』改稿
https://text-revolutions.com/event/archives/5750

(12)花:黄色い疵
『Text-Revolutions』第8回Webアンソロ「花」改稿
https://text-revolutions.com/event/archives/9472

蒸気人間事件

〈蒸奇都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~
蒸気人間事件
(ジョウキニンゲンジケン)

シリーズ「幻影の双貌(そうぼう)」第二弾です。
挿絵付きの長編となります。
前作『手向けの花は路地裏に』に引き続き、
デザインおよび挿絵はへっぽこタルト様に担当していただきました。
「幻影の双貌篇」についてはこちらの記事をご覧ください

書影
蒸気人間事件表紙

頒価:1000円
頁数:320ページ
版型:文庫版(A6判)
発行日:2017/10/28
原案:蒸奇都市倶楽部(人見広介)
著者:蒸奇都市倶楽部(人見広介、シワ)
監修:蒸奇都市倶楽部
デザイン・挿絵:へっぽこタルト

在庫
多数

あらすじ
雨上がりの夜には《蒸気人間》が現れる――。
蒸気機関によって成り立つ〈蒸気都市〉帝都でささやかれる怪異。

大学生、鴻池瞭は親友の庚絵梨との帰り道で、不審な蒸気の溜まりを目撃する。
それは帝都の白い闇に潜む怪異の先触れであった。
吹き上がる白い蒸気から出現し、人を襲うといわれる怪異《蒸気人間》。
晴れぬ真っ白な蒸気溜まりの中で《蒸気人間》に遭遇した瞭に、その虚ろな手が伸びて――。

三大碩学の一人、《蒸気卿》によってその場を切り抜けた瞭であったが、《蒸気人間》に惹かれるものを感じていた。
《蒸気卿》もまた同様に《蒸気人間》という存在に興味を示し、瞭に、調べるのならば協力すると申し出るのであった。
《蒸気人間》を調査することになった瞭と《蒸気卿》は、帝都最大の記録の保管場所へと赴く。

《蒸気卿》と共に《蒸気人間》の正体を調べていた瞭は、驚くべき事実を目の当たりにする。
白く煙る夜の帝都を徘徊する怪談の正体とは。




サンプル公開
創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま


本文と挿絵の見本
※サンプルは実寸ではありません
実寸はA6版、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*17ページ~19ページ
サンプル17 サンプル18 サンプル19

*122ページ~123ページ(挿絵)
サンプル122


訂正
蒸気人間事件・年表訂正
(2017年10月29日追加)

以下、上記サンプル画像から本文(文章)のみの抜粋です。


続きを読む

身を尽くしてもなお沈み

身を尽くしてもなお沈み
(ミをツくしてもなおシズみ)

中編となります。
表紙デザインは『手向けの花は路地裏に』に引き続きへっぽこタルト様に担当していただきました。

書影
身を尽くし表紙blog

頒価:400円
頁数:82ページ
版型:文庫版(A6判)
発行日:2016/03/21
著者:蒸奇都市倶楽部(シワ)
デザイン:へっぽこタルト

在庫
多数

あらすじ
帝都の高等女学校に通う志都美と澪は仲の良い同級生だ。
交友のはじまりは尋常小学校六年のころにさかのぼる。

かつて志都美は尋常学校で孤立していた。彼女の父が役人だというので、同級生たちからは「税金で暮らす役人の娘」との謂われなき由にて疎んじられていたのである。そうした志都美と同級生の間に立ったのが、転校してきて間もない澪であった。

澪の差し伸べた手によって孤立状態から放たれて以来、志都美は澪に尊崇の念をいだいている。
『澪が見ていてくれるから何でもできる。澪がいたから今の自分がいる。』
そうまで考えていた志都美であったが、進学という未来が立ちはだかる。
『このままではなによりも大切な親友と離ればなれになってしまう!』
大切な友人との未来を手にするにはどうすればいいか、なにがなんでも未来を手に入れたい。
志都美は大いに煩悶する。そんな彼女がとった選択は――

関連作
本作のスピンオフ『信愛の澪』を当電子広報で公開しています。
『信愛の澪』は本作とあわせてお読みいただけますと効果的です。
『信愛の澪』



サンプル公開
創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま
※当記事下部にも同様のサンプルがございます。

本文と挿絵の見本
画像クリックで大きく表示されます。
※サンプルは実寸ではありません。実寸はA6版、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*5ページ~10ページ
身を尽くし005 身を尽くし006 身を尽くし007 身を尽くし008 身を尽くし009 身を尽くし010

以下、画像と同じ部分の抜粋です。

続きを読む

手向けの花は路地裏に

〈蒸奇都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~
手向けの花は路地裏に
(タムけのハナはロジウラに)

挿絵付きの長編となります。
デザインおよび挿絵は「蒸奇画報」と同じくへっぽこタルト様に担当していただきました。
今回から一部の冊子に「幻影の双貌(そうぼう)」とシリーズ名がつきます。
同シリーズは作中の敵役〈結社〉を扱った作品群を指します。
「幻影の双貌篇」についてはこちらの記事をご覧ください

書影
手向け表紙blog


頒価:1000円
頁数:384ページ
版型:文庫版(A6判)
発行日:2016/03/21
著者:蒸奇都市倶楽部(シワ)
デザイン・挿絵:へっぽこタルト

在庫
50部以下

あらすじ
愚連隊〈戎〉の下っ端の少年、早駆けはスリに失敗したすえに、憐みを投げかけられて十円金貨を恵まれる。
一枚の硬貨は、少年を熱く暗い思い出へといざなう。少年を愚連隊に追いやった全てのはじまりへと。再燃する黒い男の恐怖、思い出にしみついた怯え、乞食同然の扱いを受けた憤り。それらを振り払おうとした早駆けは、度胸を示すために喧嘩を売る。
軽率な行動が帝都最悪の組織〈結社〉の尖兵を招くとは知らずに。

一方〈戎〉を傘下に収める非合法組織〈誠道会〉は、落ちぶれつつある自組織を盛り返すため、〈信越商会〉の軽井沢に商談を支援をあおぐ。だが、商談を終えた軽井沢の身勝手な思い付きから、誠道会では内部抗争が勃発することとなる。
その陰で〈結社〉の幹部《機関卿》までもが動きはじめていた。

人の数だけの思惑を乗せた歯車が軋みをあげて、全てを容赦なく巻きこみ、自壊していく。
否応なく引きずられていく早駆け。彼が行きつく先は果たして――。

◆関連作品
本作の前日譚にあたる『路地裏の花は人知れず』と
また咲く日を恋う』を「小説家になろう」様に掲載しています。
あわせてお読みいただければ幸いです。(掲載作扉ページにリンクしています)
→『路地裏の花は人知れず
→『また咲く日を恋う



サンプル公開
創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま

本文と挿絵の見本
画像クリックで大きく表示されます。
※サンプルは実寸ではありません。実寸はA6版、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*7ページ~9ページ
手向け第一部007  手向け第一部008  手向け第一部009

*72ページ~74ページ
手向け第一部072-073  手向け第一部074

以下、本文から文章のみの抜粋です。
内容は上記でご案内している各サイト様と同じ範囲です。

続きを読む

蠱中の天

蒸奇都市倶楽部報「蠱中の天」
(コチュウのテン)
当冊子は完売しています
※現在のところ再版予定はありません。

短編集となります。

収録作品
(1)影におびえる
(2)声にすくわれる
(3)蠱中の天
(4)探偵となんでも屋
掲載順。いずれも読み切りです。

書影
蠱中表紙
表紙イラスト:へっぽこタルト
頒価:500円
ページ数:192頁/A5判
発行日:2014/11/24

在庫
なし(初版)
※現在のところ再版予定はありません。

序文・目次
蠱中序文目次

訂正
191ページ「関係年表」中の『統合歴966(帝都歴 6)年』の下、
「2月 怪人《幻影男爵》が姿を消す。数日後、幻城影郎の失踪が報じられる」で、
「2月」となっているのは「3月」の誤りですので訂正します。
設定管理の不行き届きをお詫びいたします。

以下は収録作のあらすじです。

続きを読む

言伝は時計にのせて

言伝は時計にのせて
(コトヅテはトケイにのせて)

当冊子は完売しています
※現在のところ再版予定はありませんが、Web版で続編もあわせて公開中です。

『小説家になろう』さま掲載:『言伝は時計にのせて』




短編となります。
こちらから立ち読みできます。(創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま)

書影
言伝表紙

頒価:300円
ページ数: 68頁/文庫判
発行日:2014/11/23

在庫
なし(初版)
※現在のところ再版予定はありません。

訂正
32P14行目:の内側の四隅には~
となっています部分は脱字です。正しくは、
箱の内側の四隅には~
です。訂正してお詫びします。

あらすじ
機械の修理などを手広く手がける機関調律師を志す『私』は、実務を積んで腕を磨くため大学の友人のつてで簡単な修理や調律の仕事を回してもらっている。春先のある日、『私』は碩学級の機関調律師、故平岩碩学伯の邸宅に遺された柱時計の調律を依頼される。柱時計は平岩伯爵が手ずから据え付けたものだった。機関調律師の先達として平岩伯爵を尊敬する『私』だが、伯爵夫人は亡夫を「仕事ばかりの人だった」と評する。
『私』は時計の調律を進めるにつれ、ある重要なものを発見する。

本文の見本
3ページ
伝見本3p
4ページ
伝見本4p
5ページ
伝見本5p

蒸奇画報

蒸奇画報

イラストを中心に世界設定を案内する簡易なワールドガイドです。

収録内容
(1)キャラクタービジュアル(巻頭カラー)
(2)キャラクター紹介
(3)時計塔/〈帝都〉(概略)
(4)和州大陸概略
(5)都市国家〈帝都〉摘要年表
(6)掌編『幻煙に彳む』
(7)作品利用の指針(ガイドライン)
※(7)に関しましては、すでにこちらの記事で案内しているものと同じ内容です。

(7)の作品利用の指針の「第三条」の一部を廃止しております。
*2020年6月13日追記


こちらから立ち読みできます。(創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま)

書影
蒸奇画報 表紙
頒価:500円300円
(※2016年より300円へ値下げしました)
ページ数:24頁/A5判
発行日:2014/09/14
デザイン:へっぽこタルト

在庫
多数

目次
蒸奇画報 目次
※クリックで開きます

以下は紙面のサンプルおよび補足となります。

続きを読む

地底の大機関

蒸奇都市倶楽部報「地底の大機関」

当冊子は完売しています
※現在のところ再版予定はありませんが、一部収録作をWeb版で公開しています。

→→掲載作(2)『地底の大機関』を修正のうえWeb版として公開しています。
『小説家になろう』および『カクヨム』でご覧になれます。

『小説家になろう』さま掲載:『地底の大機関』

『カクヨム』さま掲載:『地底の大機関』



短編集となります。
※今号より号数表示を廃しています(→誌名の号数表示廃止

収録作品
(1)猫か鼬か
(2)地底の大機関
(3)自警団の結成
上記三編の他、巻末付録として帝都小辞典を収録。いずれも読み切りです。
こちらから立ち読みできます。(創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま)

書影
地底の大機関
頒価:500円
ページ数:124頁/A5判
発行日:2014/05/05
     2014/09/14(二版)

在庫
なし(初版)
なし(二版)

序文・目次
地底の大機関 序文
※クリックで開きます

以下は収録作のあらすじです。

続きを読む

ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室