FC2ブログ

『Text-Revolutions Extra2』ありがとうございました

先日3月21日をもちまして『Text-Revolutions Extra2』が無事に終了いたしました。
12月26日より会期延長を含んでのおよそ3か月、長期にわたる開催でありました。
まずは準備会(運営)の皆様にお礼を申し上げます。

◆ご注文者様へ
そして当倶楽部の冊子をお求めくださった方にも感謝申し上げます。
現在はご注文いただいた皆様への仕分けおよび準備会様への発送準備と、
同梱する『わくわくおためしパック』のチラシの刷り上がりを待っている状態です。
商品の到着まで今しばらくお待ちいただければと存じます。

◆以降の出店について
4月頭現在、次の即売会への出店の見通しが立っていません。
例年通りに『文フリ大阪』への申し込みは検討しておりますが、
実際に参加できるかどうかは引き続き病勢を見て判断します。

◆今後の販路と出店を見据えて
同人専用自家通販サービス『pictSPACE』ならびに
オンライン即売会サービス『pictSQUARE』への登録を行いました。
これらについては別の記事で告知いたします。

◆『テキレボEX2』の売上
期間が長かったこともあってか通常の『テキレボ』と同じぐらいの数が出ました。
わけても注文の過半数を新刊『鐵と金剛』が占めています。
それだけ作品に期待をお寄せいただいているものととらえています。

今後もよい作品をお届けしてまいりますので、
引き続きご愛顧くださいますようお願いいたします。

以上、簡単なお礼とご報告となりました。

『Text-Revolutions Extra2』出店

通販型即売会『Text-Revolutions Extra2』(以下、テキレボEX2)に出展します。
『テキレボEX2』は専用のお買い物サイトを通じて購入いただく形の即売会です。

開催期間(お買い物可能期間)は2020年12月26日(土)~2021年1月11日(月・祝) 3月21日(日)となります。
→コロナの感染状況により会期延長となりました。
ただしこれに伴いご注文いただいた商品の到着も4月中旬以降となります

購入料金については、『冊子の合計金額+(購入額に関係なく)1回の決済につき手数料300円
+送料(※スマートレターに収まるまでの範囲は無料。それ以外は着払い)』となります。
イベント詳細も含め、お金のことですので詳しくは公式をご覧ください。
Text-Revolutions Extra(EX2 購入方法)

商品の購入、検索は通販専用サイトで行う形となります。
上記公式サイトの利用方法、購入方法、料金等をよくお読みの上お進みください。
Text-Revolutions Extra(会場/購入サイト)

蒸奇都市倶楽部の頒布物のみ抽出した結果はこちら


参加サークルや頒布物を網羅的に把握したい方は、Webカタログをご覧ください。
Text-Revolutions Extra(Webカタログ)

当倶楽部の部分は下記となります。
蒸奇都市倶楽部(Webカタログ)
※Webカタログから通販サイトへのシステム上のリンクはありません(2020年12月26日現在)が、
当倶楽部は個別にリンクを貼って対応していますので、Webカタログから商品ページへ移動できます。
通販サイト貼り付け

以下、当倶楽部の頒布物の購入サイトへの Twitter 経由でのリンクを貼ります。
★はおすすめ商品です。









コロナ情勢が落ち着かない中、テキレボEXも2回目となりました。
変則的な即売会ではありますが、当倶楽部のテキレボ参加は7回目(通算/中止含まず)となります。
今回も蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いします。

引き続いてのオンライン形式での開催に、運営の皆様にお礼申し上げます。

(2021年1月9日:会期延長の旨を追記。また『第五回文学フリマ京都』中止に伴い、二重購入の注意喚起の項目を削除。)

【欠席】『第三十一回文学フリマ東京』

蒸気都市倶楽部は2020年11月22日(日)開催予定の
『第三十一回文学フリマ東京』への出店を取りやめます。

夏に引き続き新型コロナウィルスの動向を踏まえての判断です。
ご承知おきください。

2020年内の出店は通販型即売会『Text-Revolutions Extra2(テキレボEX2)』のみとなります。
『テキレボEX2』は期間中に特設のお買いものサイトで商品を購入する通販型の即売会です。
12月26日から1月11日まで年をまたいで開催されます。

イベント詳細は Text-Revolutions 公式をご覧ください。 #テキレボ #テキレボEX
https://text-revolutions.com/event/text-revolutions-extra2

来年の出店についてはまだ検討中の段階です。
昨今の情勢状況につき、なにとぞご理解くださいませ。

【欠席】『第八回文学フリマ大阪』『第六回文学フリマ福岡』

蒸気都市倶楽部は2020年9月6日(日)開催予定(※)の
『第八回文学フリマ大阪』への出展を欠席いたします。

また同様に、10月18日(日)開催予定(※)の
『第六回文学フリマ福岡』への出展も欠席いたします。

『第六回文学フリマ福岡』は8月30日に開催中止となりました
詳しくは文学フリマ公式サイトのご案内をご確認ください。


新型コロナウィルスの動向を踏まえての判断です。
ご承知おきください。

即売会に売る側として参加するにあたり、使い捨てビニル手袋や消毒液の用意、
声かけを行わないなど、個人で行える対策を検討、準備しておりましたが、
感染者数が増加している状況を踏まえて出展を取りやめます。

11月開催予定の『文学フリマ東京』(22日)ならび『名古屋コミティア』(29日)への
出欠につきましては、もう少し開催が迫ってから個別の判断をくだし、告知いたします。

なおオンライン即売会につきましては、『テキレボEX2』への出展を検討しています。
こちらまだ募集が始まっておりませんが、応募し参加確定時に別途でご案内させていただきます。

いずれにしましてもしばらくは現地に赴く即売会から離れざるをえない状況でありますが、
昨今の情勢状況につき、なにとぞご理解くださいませ。


(※)いずれも8月23日時点での情報です。
最新の情報や文学フリマの各事務局が行う対策につきましては文学フリマ公式サイトをご覧ください。

Text-Revolutions Extra【草津-29】

通販型即売会『Text-Revolutions Extra』に出展します。
『Text-Revolutions Extra』は専用のお買い物サイトを通じて購入いただく形の即売会です。
配置は【草津-29】ですが、インターネット上での即売会となるため便宜的なものです。

開催期間は2020年5月18日(月)~31日(日)となります。

料金については、『冊子の合計金額+(購入額に関係なく)1回の決済につき手数料300円
+送料(※スマートレターに収まるまでの範囲は無料。それ以上は着払い)』となります。
イベント詳細も含め、お金のことですので詳しくは公式をご覧ください。
Text-Revolutions Extra(アイテム購入方法)

商品の購入、検索は通販専用サイトで行う形となります。
上記公式サイトの利用方法、購入方法、料金等をよくお読みの上お進みください。
Text-Revolutions Extra(会場/購入サイト)

参加サークルや頒布物を網羅的に把握したい方は、Webカタログをご覧ください。
Text-Revolutions Extra(Webカタログ)

当倶楽部の部分は下記となります。
蒸奇都市倶楽部(Webカタログ)
※Webカタログから通販サイトへのシステム上のリンクはありません(2020年5月22日現在)が、
当倶楽部は個別にリンクを貼って対応していますので、Webカタログから商品ページへ移動できます。

以下、当倶楽部の頒布物の購入サイトへの Twitter 経由でのリンクを貼ります。
★はおすすめ商品です。

(1)暗翳の火床(文庫判532ページ1500円)
(2)短編集「科学文明の海」(A5判140ページ500円)


(3)蒸気人間事件(文庫判320ページ1000円)
(4)手向けの花は路地裏に(文庫判384ページ1000円)


(5)身を尽くしてもなお沈み(文庫判82ページ400円)
(6)蒸奇画報(A5判24ページ300円)


テキレボEXは変則的な即売会ではありますが、
当倶楽部のテキレボ参加は6回目(通算/中止含まず)となります。
今回も蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いします。

また、本来なら今年の春季は開催されない予定である中、
昨今の情勢を鑑みてのオンライン形式で開催されますこと、運営の皆様にお礼申し上げます。

第四回文学フリマ京都【 か-22 】

白雨蒼さまの個人サークル『蒼穹機関』の冊子を頒布!

『暗翳(アンエイ)の火床』関西初頒布!

1月19日(日)開催の第四回文学フリマ京都へ出展します。

蒸奇都市倶楽部の配置は【 か-22 】となります。

昨秋刊行の新刊『暗翳の火床』を関西で初頒布します。
またこの他、当倶楽部と同じくスチームパンク風作品を頒布しておりますサークル
『蒼穹機関』様からの冊子も受託して頒布

『蒼穹機関』様ツイッターアカウント

◇第四回文学フリマ京都◇

開催場所:京都市勧業館 みやこめっせ 1F 第二展示場C・D
→行き方はこちらをご覧ください

開催時間11時~16時入場無料

会場内での蒸奇都市倶楽部の位置:【 か-22
か22※画像をクリックで拡大
【か-22 】へは入ってすぐ左前にある柱の裏の並びです。



頒布物

頒布冊子は文学フリマwebカタログにもほとんど同じ情報を載せていますが、
当記事でも同様に掲載します(以下、誌名は当ブログ記事、書影はWebカタログへリンクしています)。

◆受託頒布(蒼穹機関さま)

A=lice Order
A=lice Order表紙

500円/A5判/100ページ

――これは、人形(少女)たちを巡る闘争の物語。その可能性のひとつ。


封魔祓録クルミナーレ(上) −大正幻想蒸気譚−
クルミナー表紙

1000円/A5判/69ページ

鬼を討つために鬼を操る。譬え、鬼に成り果てるとしても――


◆新刊(関西初頒布)

暗翳(アンエイ)の火床 強力オススメ!
地下炉表紙

1500円/文庫判/532ページ

帝都を初めて訪れた東方の乙女は〈結社〉の秘密計画に巻き込まれる。
〈結社〉の幹部《猟奇博士》は計画にねじ込まれた存在にほぞを噛む。
なぜ部外者を生かしたまま巻き込むのか。全ては身勝手な道化師のせいだ。
「幻影の双貌篇」第三弾※内容は続きものではありません)。

Webで試し読みできます!
『暗翳の火床』試し読みダイジェスト(PDF/単ページ):約3MB
『暗翳の火床』お試し本(PDF/見開き):約4MB


◇既刊

蒸奇都市倶楽部報 短編集「科学文明の海」(二版)
科学文明表紙

500円/A5判/140ページ

12作収録の短編集です。
詳細は書影、もしくは誌名のリンクからの個別案内ページをご確認ください。

蒸気人間事件  オススメ!
蒸気人間事件表紙
1,000円/A6(文庫)判/320ページ

雨上がりの帝都に出現する奇怪な存在《蒸気人間》。
不可思議な《蒸気人間》になぜか惹かれる鴻池瞭はその謎を追う。
「幻影の双貌篇」第二弾※内容は続きものではありません)。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら

手向けの花は路地裏に 【残部僅少!
手向け表紙

1,000円/A6(文庫)判/384ページ


愚連隊に属する少年「早駆け」が恐怖を振り払うまでの物語。
恥は誇りで償おう。誇りは勇気ではなく勇壮なる死で支払われよう。
「幻影の双貌篇」第一弾※続きものではありません)。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら
※本作の関連作『路地裏の花は人知れず』『また咲く日を恋う』を「小説家になろう」様に掲載しています。
蒸奇都市倶楽部(小説家になろう)

身を尽くしてもなお沈み
身を尽くし表紙

400円/A6(文庫)判/82ページ

帝都の女学生二人の友情がもつれ合う怪奇物語。スチームパンク成分は薄めです。
彼女はただ自分と親友の世界を守りたかっただけ。なのにく。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら




2020年最初の出展となる文フリ京都は2018年以来二年ぶり二回目の参加です。
関西初頒布となる新刊『暗翳の火床』は昨秋の刊行ですが、
昨年の頒布は11月の文フリ東京だけですので今回が二回目、まだまだ新刊です。

『暗翳の火床』は文庫判で約530ページ、頒価1500円と少しお高くなっていますが、
しっかりと読ませる内容と自負していますので、ぜひ現地で品定めをなさってください。

ただし本作は当サークルの慣例によりWeb公開(『小説家になろう』『カクヨム』)も決まっていますので、
お求めの方はよくご吟味ください。Web公開にいたった経緯は『暗翳の火床』紹介ページをご覧ください

そしてもう一つの目玉は白雨蒼さまのサークル『蒼穹機関』よりの受託です。
委託頒布する二冊『A=lice Order』『封魔祓録クルミナーレ』は
いずれも歴史のifから展開される正統的なスチームパンク作品です!
こちらもぜひお求めください!
そしてスチームパンク小説にどっぷりはまろう!

2020年の皮きりとなる出展、今年も蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いします。

『第二十九回文学フリマ東京』【 ク-29 】

新刊『暗翳の火床』出ます!

11月24日(日)開催の第二十九回文学フリマ東京へ出展します。
蒸奇都市倶楽部の配置は【 ク-29 】となります。
新刊『暗翳の火床』はもちろん、在庫のある既刊も持ち込みます。

◇第二十九回文学フリマ東京
開催場所:東京流通センター 第一展示場(東京モノレール「流通センター」駅徒歩1分
開催時間:11時~17時(入場無料

tr9_c_map-jouki.png※画像をクリックするとポップアップします
【 ク-29 】へは入ってまっすぐの突き当たりを右へ曲がりしばらく進んでください。左の配置が途切れるあたりの右手側にございます。



頒布物

頒布冊子は文学フリマwebカタログにもほとんど同じ情報を載せていますが、
当記事でも同様に掲載します(以下、誌名は当ブログ記事、書影はWebカタログへリンクしています)。

◆新刊

暗翳の火床 強力オススメ!
地下炉表紙

1500円/文庫判/532ページ

帝都を初めて訪れた東方の乙女は〈結社〉の秘密計画に巻き込まれる。
〈結社〉の幹部《猟奇博士》は計画にねじ込まれた存在にほぞを噛む。
なぜ部外者を生かしたまま巻き込むのか。全ては身勝手な道化師のせいだ。
「幻影の双貌篇」第三弾※内容は続きものではありません)。

Webで試し読みできます!
『暗翳の火床』試し読みダイジェスト(PDF/単ページ):約3MB
『暗翳の火床』お試し本(PDF/見開き):約4MB


◇既刊

蒸奇都市倶楽部報 短編集「科学文明の海」
科学文明表紙

500円/A5判/140ページ

12作収録の短編集です。
詳細は書影、もしくは誌名のリンクからの個別案内ページをご確認ください。

蒸気人間事件  オススメ!
蒸気人間事件表紙
1,000円/A6(文庫)判/320ページ

雨上がりの帝都に出現する奇怪な存在《蒸気人間》。
不可思議な《蒸気人間》になぜか惹かれる鴻池瞭はその謎を追う。
「幻影の双貌篇」第二弾※内容は続きものではありません)。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら

手向けの花は路地裏に
手向け表紙

1,000円/A6(文庫)判/384ページ


愚連隊に属する少年「早駆け」が恐怖を振り払うまでの物語。
恥は誇りで償おう。誇りは勇気ではなく勇壮なる死で支払われよう。
「幻影の双貌篇」第一弾※続きものではありません)。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら
※本作の関連作『路地裏の花は人知れず』『また咲く日を恋う』を「小説家になろう」様に掲載しています。
蒸奇都市倶楽部(小説家になろう)

身を尽くしてもなお沈み
身を尽くし表紙

400円/A6(文庫)判/82ページ

帝都の女学生二人の友情がもつれ合う怪奇物語。スチームパンク成分は薄めです。
彼女はただ自分と親友の世界を守りたかっただけ。なのに獣が牙を剥く。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら




29回目の文フリ東京で29(ク-29)への配置です!
『文学フリマ東京』への参加は5月以来9回目、11月の東京文フリは2年ぶりとなります。
この秋は10月のテキレボが台風のため中止となったので、こちらが唯一の出展となります。
伴い新刊『暗翳の火床』もこの『文学フリマ東京』より頒布開始となります。

『暗翳の火床』は正確には「文庫化」といった方がよい作品です。
本冊子の元となる作品は冊子紹介記事の『初出』でも示しています通り、蒸奇都市倶楽部の記念すべき一冊目『蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」』(2013年、在庫なし絶版)に『暗翳の火床‐地下炉‐(前編)』と、二冊目『蒸奇都市倶楽部報 第二号「鐡と金剛」』(同年、在庫なし絶版)に『暗翳の火床‐灰かぶりの雨‐(後編)』『楓待つ山吹(暗翳の火床 補遺)』からとなっています。もっとも長らく在庫の途絶えていた作品ですし、 大きな加筆修正が行われていますので、当倶楽部では新刊として扱ってまいります。
掲載当時より異様に長い作品(A5判で前編が約180p、後編が290p)でありましたが、文庫化にあたって加筆修正と気持ちばかりのページ数削減により530ページほどの冊子となりました。A5判冊子とは一概に比較できませんが、それでも当倶楽部が発行した冊子としては最大の分厚さ、ページ数となります。頒価も1500円と割高になりましたが、印刷費用との兼ね合いからです。この点はご了承ください。
また一度絶版となった作品のため、その救済策としてWeb公開も行います。これらの詳細は『暗翳の火床』紹介ページをご覧ください

こちらが年内最後の出展となります。
来年は1月の『文フリ京都』より出展となりますが、
関東での頒布はおそらく5月の『文フリ東京』までありませんのでよろしくお願いします。

【中止】第9回 Text-Revolutions

『第9回 Text-Revolutions』は中止となりました。
台風19号の接近による影響を鑑みてのものです。

(Text-Revolutions準備会 Twitterより。以下の引用も全て同)

(1)お買い物代行サービス
中止に伴い【お買い物代行サービス】は不成立となります。

ご注文いただきました皆様には申し訳ありませんが、またの機会にお申し込みくださればと存じます。

なお、蒸気都市倶楽部はBOOTHを利用しての通販も行っておりますので、そちらのご利用もご検討ください。取り扱いは一部冊子のみ、またイベント頒価より少し割高となっておりますが、匿名での利用が可能となっております。(匿名=BOOTHの『あんしんBOOTHパック』システムを介するため、販売するこちら側にも利用者様の個人情報は伝わりません。)
→匿名のあんしんBOOTHパックの詳細はBOOTH公式のご案内をごらんください

蒸奇都市倶楽部(通販)

*新刊『暗翳の火床』は来週以降の登録となります。今しばらくお待ちください。

(2)今後の出展

10月10日現在、蒸奇都市倶楽部の出展が確定しているのは以下の二つとなります。

2019年
11月24日(日)『第二十九回文学フリマ東京』
2020年
1月19日(日)『第四回文学フリマ京都』

11月の文フリ東京が年内最後の出展となります。
来年2020年最初の出展は1月の文フリ京都です。
品揃えは今回のテキレボで予定していたものから変わりありません。つきまして新刊『暗翳の火床』の出展初陣は11月24日の『第二十九回文学フリマ東京』となります。よろしくお願いします。
2月以降の出展はまた決定次第で告知してまいります。

なお、テキレボは次回となる第10回の日時が決定しております。
次回『第10回Text-Revolutions』は2020年11月1日(日)です。
場所は同じく都立産業貿易センター台東館の6階。
もちろん蒸奇都市倶楽部は参加予定です。

以上、テキレボ中止に伴うご案内でした。
みなさま防災に怠りなくお過ごしください。

第9回 Text-Revolutions【 A-16 】

『第9回 Text-Revolutions』中止となりました

*詳細は【中止】第9回 Text-Revolutionsをご覧ください。




新刊『暗翳の火床』出ます!

10月12日(土)開催の第9回 Text-Revolutions(以下『第9回テキレボ』)へ出展します。
蒸奇都市倶楽部の配置は【 A-16 】となります。
もちろん在庫のある既刊も持ち込みます。

◇第9回テキレボ概要
開催場所:都立産業貿易センター台東館 6階(東武、都営、メトロ各線浅草駅より徒歩
開催時間:11時開場~16時閉場(入場無料
※また、閉会後は17時頃までどなたでも参加できる懇親会(参加無料)が行われます。

tr9_c_map-jouki.png※画像をクリックするとポップアップします
【 A-16 】は入ってすぐ右手、鍵手状に進んだ先の配置となります(A列の末尾です)

以下、記事の並びは
頒布冊子
参加企画一覧
蒸奇都市倶楽部サークル案内」の順です。



頒布物

頒布冊子はテキレボwebカタログにもほとんど同じ情報を載せていますが、
当記事でも同様に掲載します(以下、誌名は当ブログ記事、書影はWebカタログへリンクしています)。

◆新刊

暗翳の火床 強力オススメ!
地下炉表紙

1500円/文庫判/532ページ

帝都を初めて訪れた東方の乙女は〈結社〉の秘密計画に巻き込まれる。
〈結社〉の幹部《猟奇博士》は計画にねじ込まれた存在にほぞを噛む。
なぜ部外者を生かしたまま巻き込むのか。全ては身勝手な道化師のせいだ。
「幻影の双貌篇」第三弾※内容は続きものではありません)。

Webで試し読みできます!
『暗翳の火床』試し読みダイジェスト(PDF/単ページ):約3MB
『暗翳の火床』お試し本(PDF/見開き):約4MB

*企画『作品紹介アシスタント』MAP登録作品
*企画『テキレボ鈍器フェスティバル』参加作品
→企画サイトはこちら:テキレボ鈍器フェスティバル
→『暗翳の火床』紹介はこちら:Entry19『暗翳の火床』


◇既刊

蒸奇都市倶楽部報 短編集「科学文明の海」
科学文明表紙

500円/A5判/140ページ

12作収録の短編集です。
作品はいずれもテキレボアンソロジー第8回(前回分)までのお題に沿ったものとなっています。
過去に参加して公開されている作品はもとより、お蔵入りとなっていた作品も収録しています。
詳細は書影、もしくは誌名のリンクからの個別案内ページをご確認ください。
*企画『ゆるっとSF』MAP登録作品


蒸気人間事件  オススメ!
蒸気人間事件表紙
1,000円/A6(文庫)判/320ページ

雨上がりの帝都に出現する奇怪な存在《蒸気人間》。
不可思議な《蒸気人間》になぜか惹かれる鴻池瞭はその謎を追う。
「幻影の双貌篇」第二弾※内容は続きものではありません)。
*企画『ゆるっとSF』MAP登録作品

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら

手向けの花は路地裏に
手向け表紙

1,000円/A6(文庫)判/384ページ


愚連隊に属する少年「早駆け」が恐怖を振り払うまでの物語。
恥は誇りで償おう。誇りは勇気ではなく勇壮なる死で支払われよう。
「幻影の双貌篇」第一弾※続きものではありません)。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌篇」についての案内記事はこちら
※本作の関連作『路地裏の花は人知れず』『また咲く日を恋う』を「小説家になろう」様に掲載しています。
蒸奇都市倶楽部(小説家になろう)

身を尽くしてもなお沈み
身を尽くし表紙

400円/A6(文庫)判/82ページ

帝都の女学生二人の友情がもつれ合う怪奇物語。スチームパンク成分は薄めです。
彼女はただ自分と親友の世界を守りたかっただけ。なのに獣が牙を剥く。

創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら

蒸奇画報
蒸奇画報 表紙

300円/A5判/24ページ

キャラクターや時計塔などビジュアルを中心に作品世界を紹介する冊子です。小説は掌編「幻煙に彳む」を収録。
蒸奇画報は蒸奇都市倶楽部の世界設定の入門編に近い扱いとなります。





参加企画一覧

テキレボでは有志がイベント内で企画(以下、テキレボ内企画)を立ち上げ実行しています。
イベントの内容は各サークル様の頒布物を紹介するものが主となっています。
蒸奇都市倶楽部が参加する3つの企画をご紹介します。

◆蒸奇都市倶楽部が参加するテキレボ内企画
※「『対象頒布物』←→参加企画」の並びです

暗翳の火床』『蒸気人間事件』←→テキレボ鈍器フェスティバル
「厚い」が熱い。分厚い本(表紙込み300ページまたは背幅2cm超)が参加できる企画。
新刊『暗翳の火床』は(表紙込み)536ページかつ背幅2.6cmと基準を超えていますので参加です。



暗翳の火床』←→作品紹介アシスタント
イベント前の作品紹介や宣伝のお手伝いを行う企画です。
また、当日に企画参加作品の紹介MAPが配布されます。
当倶楽部は新刊『暗翳の火床』の宣伝をお手伝いしていただいてます。



『短編集「科学文明の海」』『蒸気人間事件』←→ゆるっとSF
前回に引き続き参加。企画名の通り、ゆるっとSF風味な作品を楽しめるようにとのMAP企画です。
「スチームパンク」は紛れもないSFの一分野ですので参加しています。
新刊はファンタジー風味ですのでエントリーしていません。




『Text-Revolutions』への直参は今回で5度目。
テキレボへの出展は年半ぶり、秋テキレボ出展は2年ぶりとなります(2017年は7月のみの開催でした)。
春テキレボの『短編集「科学文明の海」』から続けて2連続での新刊となります。またテキレボでは5回参加のうち4冊を新刊(初お披露目)として送り出しています。
こうして半年以内に新刊を出せるのは2014年以来のことです。そのころには各出展ごとに新刊と、いま考えるとなかなか無茶なことをやっていました。文庫判に限れば『蒸気人間事件』以来2年ぶりの新刊となり、一時期よりは部員も環境に慣れて復調してきたといえるのではないでしょうか。また空きすぎないようにしないといけません。

さて今回の新刊『暗翳の火床』は正確には「文庫化」といった方がよい作品です。
本冊子の元となる作品は冊子紹介記事の『初出』でも示しています通り、蒸奇都市倶楽部の記念すべき一冊目『蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」』(2013年、在庫なし絶版)に『暗翳の火床‐地下炉‐(前編)』と、二冊目『蒸奇都市倶楽部報 第二号「鐡と金剛」』(同年、在庫なし絶版)に『暗翳の火床‐灰かぶりの雨‐(後編)』『楓待つ山吹(暗翳の火床 補遺)』からとなっています。もっとも長らく在庫の途絶えていた作品ですし、 大きな加筆修正が行われていますので、当倶楽部では新刊として扱ってまいります。
掲載当時より異様に長い作品(A5判で前編が約180p、後編が290p)でありましたが、文庫化にあたって加筆修正と気持ちばかりのページ数削減により530ページほどの冊子となりました。A5判冊子とは一概に比較できませんが、それでも当倶楽部が発行した冊子としては最大の分厚さ、ページ数となります。頒価も1500円と割高になりましたが、印刷費用との兼ね合いからです。この点はご了承ください。
また一度絶版となった作品のため、その救済策としてWeb公開も行います。これらの詳細は『暗翳の火床』紹介ページをご覧ください
新刊『暗翳の火床』は当倶楽部のテキレボ担当でもありますシワ氏が相当に力を入れた作品ですので、ぜひお手に取ってみてください。


『第9回テキレボ』でも蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いいたします。

以下で初めて蒸奇都市倶楽部を知った方へのサークル説明を行いますので、初耳の方は併せてご覧ください。


続きを読む

第七回文学フリマ大阪【 D-50 】/関西コミティア56【 E-25 】

蒸奇都市倶楽部の2019年夏の出店についてお知らせいたします。
9月08日(日)に開催されます『第七回文学フリマ大阪』および
9月29日(日)に開催されます『関西コミティア56』へそれぞれ出展します。

それぞれの配置は以下の通りです。
第七回文学フリマ大阪: D-50
tr8_c_map_jouki.jpg※画像をクリックするとポップアップします
△【 D-50 】は入ってすぐ右手へ少し進めば左斜め前に見えます。

関西コミティア56: E-25

頒布物はいずれも同じです。
大阪初頒布となります『短編集「科学文明の海」』あります!
『第七回文学フリマ大阪』にて完売いたしました。
そのため同誌の関西コミティアでの頒布は取り下げといたします。
楽しみにしていてくださった方、申し訳ありません。

※伴い、下記の品揃えからも削除いたしました。

頒布冊子

以下、誌名は当ブログ記事へリンクしています。
また文学フリマWeカタログでも同様の情報をご覧いただけます。
蒸奇都市倶楽部(文学フリマWebカタログ)

◇無料配布

暗翳の火床 お試し本

無料/A5判/40ページ
秋に刊行予定の新刊『暗翳の火床』の本文試し読みを中心に構成した無料配布の冊子です。
簡単な世界設定や登場人物紹介など、蒸奇都市倶楽部の作品を読むにあたっての前説としてもどうぞ。

◇既刊

蒸気人間事件  オススメ!
蒸気人間事件表紙
1,000円/A6(文庫)判/320ページ

「幻影の双貌篇」第二弾※内容は続きものではありません)。
雨上がりの帝都に出現する奇怪な存在《蒸気人間》。
不可思議な《蒸気人間》になぜか惹かれる鴻池瞭はその謎を追う。
創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら


手向けの花は路地裏に
手向け表紙blog
1,000円/A6(文庫)判/384ページ オススメ!

「幻影の双貌編」第一弾※続きものではありません)。
愚連隊に属する少年「早駆け」が恐怖を振り払うまでの物語。
恥は誇りで償おう。誇りは勇気ではなく勇壮なる死で支払われよう。
創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら
→シリーズ「幻影の双貌編」についての案内記事はこちら
※本作の関連作『路地裏の花は人知れず』『また咲く日を恋う』を「小説家になろう」様に掲載しています。
蒸奇都市倶楽部(小説家になろう)

身を尽くしてもなお沈み
身を尽くし表紙blog
400円/A6(文庫)判/82ページ

帝都の女学生二人の友情がもつれ合う怪奇物語。スチームパンク成分は薄めです。
彼女はただ自分と親友の世界を守りたかっただけ。なのに獣が牙を剥く。
創作文芸見本誌会場での閲覧はこちら

蒸奇画報
蒸奇画報 表紙
300円/A5判/24ページ

キャラクターや時計塔などビジュアルを中心に作品世界を紹介する冊子です。小説は掌編「幻煙に彳む」を収録。
蒸奇画報は蒸奇都市倶楽部の世界設定の入門編に近い扱いとなります。



今夏も参加部員と荷物の発送の関係で簡素な展示となります。
大阪では初頒布となります冊子をお届けします!

文学フリマ大阪は4回連続での参加となります。
関西コミティアは昨夏の台風順延分は欠席しておりますので、昨春以来1年4か月ぶりです。
どうぞ蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いいたします。

(2019年9月9日追記:文学フリマ大阪での『科学文明の海』完売を受けて記述を変更。また品揃えにあるとややこしいため、同誌を削除いたしました。)
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室