FC2ブログ

『pictSPACE』への出店

このたび蒸奇都市倶楽部は新型コロナウィルスによる情勢の変化を踏まえ、
今後の販路の確保や商品の取り扱いならびにオンライン即売会への露出を増やすべく、
同人専用自家通販サービスpictSPACEならびオンライン即売会サービスpictSQUAREへの
アカウント登録を行いました。(それぞれのサービスの詳細はそれぞれの公式サイトをご覧ください。)

蒸奇都市倶楽部(通販部) / pictSPACE
pictsp.png

◆値段設定について
『pictSPACE』での取り扱い冊子は今のところ『幻影の双貌』編の
文庫作品のみとなっていますが次第に拡充してまいります。
また『pictSPACE』での値段はいずれも送料を含めた設定です
イベント頒価+20%の値付けとなっています。ご了承ください。

◆『pictSQUARE』での出店について
参加可能な即売会があれば適宜に参加、告知してまいります。

従来通り『BOOTH』での通販も続けます。お使い分けください。
今後とも蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いいたします。

蒸奇都市倶楽部 一同

『作品利用の指針』第三条一部条項の廃止

2020年6月13日公示
蒸奇都市倶楽部は2020年8月14日付で『作品利用の指針』「第三条」第二項から第四項を削除します。

第三条 蒸奇都市倶楽部の作品はシェアードワールドという性格を有する。
2 第二条に沿う範囲内で蒸奇都市倶楽部の世界設定を使用した作品を製作した場合、第一項の定めるところにより、
 登場する利用者独自のキャラクター(オリジナルキャラクター)が大半を占めていれば、二次創作として扱わない。
3 蒸奇都市倶楽部の既存キャラクターの使用は、利用者が作中でゲスト出演の扱いと認める場合に可能とする。
4 第二項、第三項に従い二次創作として扱わない場合において、第一項の性格上その設定を
 蒸奇都市倶楽部側が組みこむ可能性がある。その際、蒸奇都市倶楽部は必ず事前に利用者に打診を行う。

『作品利用の指針』より「第三条」引用

監修(当時は部員)のシワが起草した指針を設けたのは2004年となります。
それから6年が経ち今後のサークル活動や展開なども適宜に見直すなかで、
「第三条」の第二項と第四項が、蒸奇都市倶楽部にとってあまりに都合がよすぎるのでは、と考えました。
その点を部員で共有、協議しました結果、等しく著作者、著作物を尊重するため今回の削除の判断にいたりました。

文責:蒸奇都市倶楽部 監修シワ

BOOTHの品ぞろえ拡充

このたび BOOTH にて『短編集「科学文明」』『身を尽くしてもなお沈み』の取り扱いを開始します。

これにより当倶楽部が各イベントで頒布している冊子はほぼBOOTHからも購入することができます。
すでに取り扱っております『暗翳の火床』および『蒸気人間事件』(残部僅少)もよろしくお願いします。
送料等につきましてはBOOTH 公式をご覧ください
BOOTH ヘルプセンター(購入者向け)


蒸奇都市倶楽部(通販)

短編集「科学文明の海」』(500円+送料)

このブログでの紹介記事


身を尽くしてもなお沈み』(400円+送料)

このブログでの紹介記事


◆取り扱い拡充の経緯

今回二つの冊子を新たに追加しました背景には新型コロナウィルスがございます。
現在この疫癘によって各イベントが開催中止となっています。
開催中止による当倶楽部への影響は幸い大きなものではありません。

しかし各イベントへの出店による頒布を最大の活動としている当倶楽部にとって、
各イベント中止により皆さまが作品を入手する機会が減るのも事実です。
そのため少しでも頒布の機会を設けたいと考え、これを補うため
イベント中止による代替措置として今回の拡充に至りました。

代替措置という性質のため、今回より取り扱いを開始した冊子は会場頒価と同額としています。
BOOTHのシステム上、送料は別途で購入者様にご負担をいただきますが、
この機会に蒸奇都市倶楽部の冊子をお求めくださいますれば幸いです。

なお、もとより取り扱っておりました冊子は会場頒価より100円(送料とは別)を上乗せしております。
お求めの際には十分にご注意ください。

『暗翳の火床』につきましては「小説家になろう」「カクヨム」で公開しています。
こちらも併せてご活用ください。

暗翳の火床(小説家になろう)

暗翳の火床(カクヨム)

メールアドレスの変更

蒸奇都市倶楽部は2020年より以下の通りにメールアドレスを変更します。

steam.city.club★gmail.com

(実際の運用では★を@へ変換してください)

旧アドレスは連絡用としての運用を停止します。
転送先として新アドレスを設定しますのでメール自体は届きますが、
当倶楽部からの返信等は全て新アドレスからとなりますのでご注意ください。

旧アドレスを登録しています方は、
当倶楽部とやり取りをした際のついでで差し支えありません、
お手数ながら新アドレスへの更新をお願いいたします。

今後とも蒸奇都市倶楽部および新アドレスをよろしくお願い申し上げます。

蒸奇都市倶楽部


以下、変更の経緯を説明します。

続きを読む

『暗翳の火床』Web小説掲載

こちら2019年秋の新刊『暗翳の火床』についての重要な告知です。

『暗翳の火床』は「2019年度内」をめどにWeb小説として、
小説投稿サイト「小説家になろう」および「カクヨム」に順次掲載していく予定です。

いずれも掲載先に従いまして無料公開です。

有償頒布物を期間を置かずに無料で公開する理由としましては、大きく二つあります。


(1)絶版冊子掲載作の文庫化

『暗翳の火床』はもともと2013年発行の当倶楽部発行誌に掲載していたものです。
今回の文庫化にあたり大幅な加筆修正を施しておりますが、
当倶楽部は基本的に絶版が長い作品はWeb化していく方針を採っています。
この条件に合致、長らく人目に触れる機会がなかったことを鑑みまして、
この度の無料での掲載に踏み切りました。


(2)蒸奇都市倶楽部の敷衍

「スチームパンク“風”」の小説作品発表を謳う蒸奇都市倶楽部ですが、
その具体例となる長編作品が少しでも多くの方の目に触れる機会を提供したいと考え、Web掲載としました。

小説投稿サイトを利用して小説を読む方にも当倶楽部、
ひいてはスチームパンク的なジャンルの存在を知るきっかけとなってほしい、
といった考えから掲載(正確には冊子からの転載)という形をとらせてもらいます。


上記の二つの理由をもちまして、
有償頒布物の在庫がある内からの小説投稿サイトでの無料公開とさせていただきます。
冊子派の方にはいささか損な思いをさせるかと存じますが、
ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


『暗翳の火床』を冊子という形ででも手元に欲しいという方は、
10月12日(土)開催『第9回 Text-Revolutions』(テキレボ)より
各出展先で頒布しますので、ぜひともお求めください。
文庫判532ページ、1500円となっております。

冊子版『暗翳の火床』テキレボWebカタログ

冊子版『暗翳の火床』紹介記事


Text-Revolutions 公式


余談ですが、元の掲載作の絶版誌は、記念すべき当倶楽部発行の第一号と第二号であります。
今回の作品は6年間やってきた当倶楽部の原点のひとつともいえる作品です。
Web化も含め、多くの方の目に触れてほしいと願っています。

活動縮小のお知らせ(2018年4月~)

いつも蒸奇都市倶楽部をご愛顧くださりありがとうございます。

記事名の通り、しばらくの間イベント出展を含めた活動全般を縮小します。
理由は部員が多忙な状況となり、活動に割く時間を減らさざるをえないためです。
心苦しい状況ではありますが、ご理解を賜りたく、お願いいたします。

3月15日時点で参加を予定しているイベントは以下の二つです。
(いずれも申し込みを済ませています。)

5月20日(日)関西コミティア52
9月9日(日)第六回文学フリマ大阪

部員の拠点の関係で、当面は大阪での出展に絞ります。
10月以降のイベントにつきましては、募集日程が告知され次第、判断してまいります。

作品の執筆等は、各部員で細々と続けていきますので、
冊子の刊行やWeb等での発表の機会が得られました際には改めて告知いたします。
サークル活動は続けますので、今後も蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いします。

通販の開始とpixiv

(1)蒸奇都市倶楽部の一部冊子の通販開始
本年より『BOOTH』様に登録して、当倶楽部冊子の通販を始めました。
これによりイベントにお越しになられない方にも、蒸奇都市倶楽部の冊子がお求めやすくなります。
この機会にぜひ当倶楽部の冊子をお求めになってみてはいかがでしょうか。
商品は「あんしんBOOTHパック」を利用しての発送となります。
「あんしんBOOTHパック」は匿名配送のサービスです。どうぞお申し込みください。
→※「あんしんBOOTHパック」のご案内はこちら

取り扱い商品は『手向けの花は路地裏に』と『蒸気人間事件』となります。単独販売の他セット販売もあります。
イベント頒布価格は1000円の冊子ですが、通販価格は値上げして1100円とさせていただきます(セットは2100円)。

商品は数に限りがあります。あらかじめご了承ください。
取扱い商品は拡充の都度ご案内いたします。

蒸奇都市倶楽部(通販)


(2)pixivのアカウント運用開始
蒸奇都市倶楽部のpixivアカウントの運用をはじめました。
こちらは一部冊子の試し読みとイベントでのチラシ等を公開していく予定です。
試し読みからBOOTHの商品ページへ飛べるようになっていますので、商品購入前にご利用ください。

蒸奇都市倶楽部(pixivアカウント)

以上です。今後も蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いします。

今後の活動予定

去る23日にサークル内で会合を持ちました。
会合で決定しました今後の活動予定をご案内いたします。
  1. 2018年イベント初め
  2. 在庫切れ冊子の対応
  3. 年末年始にWeb小説を掲載
  4. pixivにアカウントを開設
  5. 通販の導入



(1)2018年イベント初め
2017年のイベント参加は11月の文学フリマ東京で終わっています。
来年は1月21日(日)開催の『第二回文学フリマ京都』に出展します。

上記の通りWebカタログは整備しています。こちらでの記事の公開は年明けまでお待ちください。

(2)在庫切れ冊子の対応
11月『文学フリマ東京』にて「蠱中の天」が完売しました。お手に取っていただいて、ありがとうございます。
「蠱中の天」は他の完売冊子と同様に再版の予定はありません。

この他の既刊の在庫切れが多くなってきていますが、
再版を行わない関係から当倶楽部の作品を読める機会がなくなってしまっています。
そこで今後はこれら在庫切れ冊子の収録作品を、どなたでも読める機会を設けるため、
完売冊子に掲載されている作品の多くはWeb上で公開を行ってまいります。
公開は『小説家になろう』にて行います。準備等もありますので公開までは気長にお待ちください。

一方で『蒸気人間事件』や『手向けの花は路地裏に』といった単独で成る分厚い冊子につきましては、
在庫が切れましてもWeb上で公開を行わず、数度は増刷(増版)という形で対応していきます。
「分厚い冊子」の定義ははっきりしていませんが、概ねカバー付きの冊子となる予定です。
少なくとも「幻影の双貌編」はこの増版の対応を取る枠内に含みます。

同様に「幻影の双貌編」に分類されます、在庫切れの冊子掲載作である、
『暗翳の火床』前後編ならびに『鐡と金剛』前後編については、大幅な加筆修正を行った上で、
『蒸気人間事件』や『手向けの花は路地裏に』の形式に沿った文庫化を行います。
ゆっくりとではありますが作業を進めていますので、気長にお待ちください。

◇冊子掲載作のWeb上での公開は以下の方針を原則とします
・在庫切れ(完売以後)(完売してから公開してまでの時期は未定)
・修正は誤字脱字や細かい表現の変更のみとする
・「幻影の双貌」編など一部の冊子は対象外とする

(3)年末年始にWeb小説を掲載
今年も年末年始にWeb作品を掲載します。
公開作品は『言伝は時計にのせて』と『鉄の箱は花に厭われ』の二作です。
『言伝は時計にのせて』は(2)の記述通り、冊子在庫切れに伴う公開です。
『鉄の箱は花に厭われ』は書下ろしです。
これらの詳細は以下の記事をご覧ください
年末年始短期集中連載

(4)pixivにアカウントを開設
pixivにアカウントを開設します。
運用方法は目下のところ模索中でありますが、
一部冊子の表紙や小説(サンプル)、イベント毎のチラシの公開にとどめる予定です。
Web小説は引き続き『小説になろう』に掲載していく予定です。
アカウントはすでに取得していますが、正式な運用開始時に告知します。

(5)通販の導入
2018年の1月中に『BOOTH』様を利用した通販に参入します。
配送には匿名配送が行われる「あんしんBOOTHパック」を用いますので、どうぞご利用ください。
取り扱い商品は当面『蒸気人間事件』『手向けの花は路地裏に』の各冊となります。
通販価格はイベント頒布価格(頒価)より少し値上げしまして、1100円とします。あらかじめご了承ください。
こちらもショップ開設時に詳しくご案内いたします。
『BOOTH』様および「あんしんBOOTHパック」のシステム詳細につきましては『BOOTH』のサイトをご覧ください。
BOOTH

2017年後半の出展

7月となり2017年も半分を切りました。蒸奇都市倶楽部の年内の出展をお知らせいたします。

8月20日(日)『COMITIA121』:出展確定
9月18日(月祝)『第五回文学フリマ大阪』:出展確定
10月1日(日)『関西コミティア51』:申し込み、入金済み
10月28日(土)『第6回Text-Revolutions』:出展確定Webカタログ(蒸奇都市倶楽部)
11月23日(木祝)『第二十五回文学フリマ東京』:出展確定

出展予定の各イベントおよび状態は上記の通りです。
『関西コミティア51』を除き全て出展が確定している状況です。
『関西コミティア51』は抽選の発生の有無も含めて状況待ちです。

各イベントでの頒布冊子は大きく変わりませんが(→テキレボWebカタログ公開分は確定となります)、
各イベントにおける詳細は、スペース番号、参加案内到着後の各イベント毎の記事でご案内いたします。
引き続き蒸奇都市倶楽部をよろしくお願いいたします。

以下は余談です。

続きを読む

2016年内の出展予定

昨日は当サークルブースにお立ち寄りくださり、ありがとうございました。
『第四回文学フリマ大阪』に赴いた者のレポートは近いうちに公開します。

さて次の出展および持ち込み冊子についてお知らせいたします。

蒸奇都市倶楽部の次の出展は11月23日(水、祝)開催の、
第二十三回文学フリマ東京』となります。
こちらすでに参加手続きを終えブースを確保しています。
現地へは昨日に引き続き部員の人見広介が赴く予定です。
持ち込み冊子は既刊5種(※)となります。
(※)『手向けの花は路地裏に』、『身を尽くしてもなお沈み』、
『蠱中の天』、『地底の大機関』、『蒸奇画報』の5種類です。

当倶楽部の今年の出展は11月の文フリ東京が最後となる予定です。
新規刊行物は春に出しました二種だけとなりますので、新刊はございませんが、
当倶楽部冊子が気になっている方がいましたら晩秋の東京へお立ち寄りください。

今年の出展も残すところ一回となりました。
変わらぬご愛顧を賜りますれば幸いです。
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室