FC2ブログ

「幻影の双貌篇」

※ブログの掲載順の関係から本記事の日付は随時動きます。

2016年3月の新刊『手向けの花は路地裏に』より、
当倶楽部が発行する冊子の一部にシリーズ名をつける運びとなりました。

〈蒸気都市〉帝都~幻影の双貌篇~

幻影の双貌は「ゲンエイのソウボウ」と読みます。
「〈蒸気都市〉帝都」部分はあってもなくてもよいです。
また「篇」と「編」は特に使い分けておりません。
以下、シリーズ概要、シリーズ解説などです。

シリーズ概要

かつて帝都に一人の“怪人”がいた。
戦後の混乱期に帝都を荒らしまわり、人々の混乱と恐怖を助長し、
〈黄金〉の名のもと大いなる不安をいだかせた怪人の名を《幻影男爵》という。
かつて帝都に一人の“探偵”がいた。
《幻影男爵》が跋扈する戦後の混乱期に現れ、人々を救い、不安を取り除け、
大いなる希望と新たなる探偵像をいだかせた探偵の名を幻城影郎という。
戦後の帝都に相並ぶ怪人と探偵。長きにわたって対決を繰り広げた。

雌雄の決さぬままに戦後の混乱期が収束し、帝都は独立を果たし、「完全な戦後」が訪れる。
そして帝都を支配するあの《時計塔》が完成したとき、二人は〈閉ざされた黄金の夜〉に消えた。
旧い時代に別れを告げるかのように……。

それからほどなくして一つの組織が産声を上げる──〈黄金の幻影の結社〉。
消えた怪人《幻影男爵》を総帥にいただき、その意向を継ぎ、帝都に〈黄金〉をもたらさんと暗躍をはじめる。
〈人形〉と呼ばれる不気味な戦闘員と数名の幹部からなる彼ら〈結社〉の目的は〈混沌なる黄金〉。
大業にして悲願。叶えるべき夢。実現すべき未来。誰もが待ち望む黄金。
彩る言葉は数あれど、それが何を指すのかは誰も知らず、全ては謎に包まれている。

裏社会の人間でさえもが関わり合いを避ける〈黄金の幻影の結社〉に対峙するは、
かの名探偵《黄金仮面の王》こと幻城影郎の意志を継いだ探偵たち。
いいや、探偵だけではない。事件に巻き込まれた人々だっている。
全てが絡み合うとき、混沌をかざす黄金がやってくる。

さあ、あなたも共に〈黄金〉の輝きをその目に。
〈蒸気都市〉帝都に〈黄金〉をいだく者たちの物語が幕を開ける───



シリーズ解説

「幻影の双貌篇」は蒸奇都市倶楽部の作中に登場する組織、
〈黄金の幻影の結社〉および彼らの目的〈混沌なる黄金〉をめぐる作品群に冠されるシリーズ名です。
同シリーズは基本的に連作です。取り扱う主な出来事や事件はその冊子で完結する形態をとります(上下分冊構想がある一部の作品を除きます)。すなわち連続もの(=内容や本文が「つづく」等で直接引き継がせる)といった形ではありません。しかし蒸奇都市倶楽部の作品展開の性質上、つまり同一の世界設定を用いている手前、作品をまたぐ登場人物、基本となる設定の共有といった要素が含まれ、かつ積み重なっていきますので、お求めの際にはご注意ください。

引き続きシリーズ名を冠さない作品も刊行してまいりますが、
各設定部分に関してはやはり作品の展開上、共通の事項等は避けられません。
この点、あらかじめご了承ください。

◇幻影の双貌篇 作品目録
◆文庫
(04)「鐵と金剛
(03)「暗翳の火床
(02)「蒸気人間事件
(01)「手向けの花は路地裏に
(※冊子名の前の数字は当記事だけでの便宜的なものです)

◆各冊子収録昨
※【】内は収録
・暗翳の火床【蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」/第二号「鐡と金剛」:ともに在庫なし】(*1)
・鐡と金剛【同上】(*2)
(*1)(03)『暗翳の火床』として文庫化しました。
(*2)(04)『鐵と金剛』として文庫化

・「蠱中の天」【「蠱中の天」
(*)在庫なしです。Web化を予定しています。しばらくお待ちください。

・「白き貌」
『小説家になろう』「白き貌」:(リンク先は掲載先「小説家になろう」様です)
『カクヨム』「白き貌」:(リンク先は掲載先「小説家になろう」様です)



以下、なぜシリーズ名をつけるにいたったのかという、長々しい内情です。
読まなくてもまったく差し支えありません。

続きを読む

ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室