FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COMITIA121(レポート)

『COMITIA121』参加レポートです。



8月20日早朝。前の晩に製作中の新刊の打ち合わせをして、そのまま盛り上がってしまってたのでそのまま徹夜で起きていました。4時に自宅を出て始発で向かいます。上京ももう慣れたもので、朝食に駅弁を購入して指定席へ。
一息ついていると「兄ちゃん席間違えてるぞ」と男性に声をかけられました。お互いに切符を見せ合うと相手が間違えていたようで、「兄ちゃんありがとう」と言って移動していきました。新幹線に乗って長いけど、初めての出来事です。しばらくして巡回の車掌が隣の席の方に「お席をお間違えでは」と声をかけていました。一日に二人もそうした方を見かけるとは、珍しいこともあるものです。お盆ということで乗り慣れていない方が多かったのかもしれません。

車内では新刊の原稿の直しをしたりしていましたが、徹夜がたたって眠気が頂点に。うとうとしながら「間もなく品川」というアナウンス。頭にこびりついて取り切れない眠気を引き擦りながら品川駅で下車しました。

今回は「DIMENCIA」さんからの委託を受けておりましたので、受託品の引き取りをブースで行う約束をしていたのですが、先方の到着が先になるとの連絡。やり取りをしながら会場へ駆け込み、遅くなったことをお詫びして挨拶をかわします。
ありがたいことに売り子も手伝ってもらえることとなりました。当初は一人の予定でしたのでとても助かります。
手慣れている設営をさくっと済ませ、無事にコミティア121開場となりました。

「DIMENCIA」の方がもう一人、一般入場で入られ合流して三人態勢でブースを回します。
共通の知り合いの話や、創作に関すること、イベントについてなど楽しく話している間にあっという間に閉会時間に。
ティアズマガジンの紹介記事を見たのか、拙サークル『手向けの花は路地裏に』をまっすぐお求めになる方もいらっしゃれば、ポスターや「DIMENCIA」さんの冊子に目を止めて手に取ってくだる方もいらっしゃいます。

およそ3カ月ぶりのの遠征は楽しくまた多くの刺激を受けるものでありました。なにぶん人見知りなので(「人見」知りの人見です)「DIMENCIA」さんとの交流も最初はとても緊張しておりましたが、お二人ともとても気さくな方々でしたので、とても楽しい時間を過ごすことができました。
次は「DIMENCIA」さんとの関係を取り持ってくれたメンバーにも来てもらわねば、と思います。

今回のイベントもブースにたくさんお立ち寄りいただきありがとうございました。
また、次のイベントでもお会いできることを祈りつつ。
関連記事
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。