FC2ブログ

2018年

明けましておめでとうございます。
旧年はご厚情を賜り、ありがとうございました。

本年も皆さまにお手に取っていただける作品を発表してまいる所存です。
作品発表、刊行の際はなにとぞよろしくお願い申し上げます。


改めまして、新年おめでとうございます。蒸奇都市倶楽部のシワです。
今回は広報に代わりまして、私の言葉で軽い報告と今年の展望を少し記させてもらいます。

2017年を振り返ってみますと、出展イベントが過去最大の10を数えました(2016年比で二倍)。
出展を増やして蒸奇都市倶楽部の認知度を上げていくこの方針は今年も継続していくつもりです。
今月の「文フリ京都」以降の出展も追々遡上に上げて検討していきます。

昨年の刊行物は人見氏原案の『蒸気人間事件』のみであり、
最低でも年に一冊という公約は守ったものの、やはり一冊だと寂しいかな、というのが実情ですね。
部内では私も『蒸気人間事件』の監修に係りきりで、他に書いている余裕がほとんどなく、
時間の使い方などを今後も工夫して時間を作っていかないと厳しいなと反省しています。
言い訳をさせてもらいますと、各部員の生活面で時間を作るのが難しい状況が続いていまして、
このあたりとの兼ね合いを図って無理しない程度で活動していかせてもらいますね。

現在『小説家になろう』で拙作『鉄の箱は花に厭われ』が年末年始のWeb作品として連載されています。
読んでいただいている方にはお礼を申し上げます。『蒸気人間事件』監修の裏で書き進めていたものです。
『鉄の箱は花に厭われ』は『言伝は時計にのせて』と同じ主人公の続編です。
『言伝は時計にのせて』も完売に伴いWeb公開していますので、未読の方は併せてお読みくだされば幸いです。
言伝は時計にのせて』『鉄の箱は花に厭われ

また同一の都市を舞台とする設定上、『鉄の箱は花に厭われ』のある人物も、
他のWeb作品に違う形で登場していますので、併せて他の作品にも目を通していただけると嬉しいです。
(あくまでほのめかす形として記述していますので、もし分かりませんでしたら、私の描写不足ですね……)

   *   *

先日の記事で広報から発表がありましたように、在庫切れ冊子のWeb公開の準備もそろそろ進めています。
また一部冊子の文庫化作業もやっています。胸を張って楽しめるものを提供できると自負していますので、
この方面での今後の刊行をお待ちくださればと存じます。

今年で蒸奇都市倶楽部がサークル活動を開始して五年目とのことなのですが、特に大きな躍進はないかと思います。
あ、通販を開始するのはちょっとした進展かもしれませんね。これは後で広報が改めて告知いたします。

ともあれ、蒸奇都市倶楽部は今後も、皆様よりますますのご厚誼を賜れますよう、
小説サークルの本旨である作品発表を地道に続けていきますので、よろしくお願い申し上げます。

文責:蒸奇都市倶楽部(シワ)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室