FC2ブログ

地底の大機関

蒸奇都市倶楽部報「地底の大機関」

当冊子は完売しています
※現在のところ再版予定はありませんが、一部収録作をWeb版で公開しています。

→→掲載作(2)『地底の大機関』を修正のうえWeb版として公開しています。
『小説家になろう』および『カクヨム』でご覧になれます。

『小説家になろう』さま掲載:『地底の大機関』

『カクヨム』さま掲載:『地底の大機関』



短編集となります。
※今号より号数表示を廃しています(→誌名の号数表示廃止

収録作品
(1)猫か鼬か
(2)地底の大機関
(3)自警団の結成
上記三編の他、巻末付録として帝都小辞典を収録。いずれも読み切りです。
こちらから立ち読みできます。(創作文芸見本誌会場 HappyReadingさま)

書影
地底の大機関
頒価:500円
ページ数:124頁/A5判
発行日:2014/05/05
     2014/09/14(二版)

在庫
なし(初版)
なし(二版)

序文・目次
地底の大機関 序文
※クリックで開きます

以下は収録作のあらすじです。


猫か鼬か
義憤に燃える正義の銃士は悪党を始末する。緊張からの解放にひたる男に無遠慮な拍手が向けられた。
「君の銃には信念が無い」
冷たく言い放つは赤き異能の女。冷たい弾丸を放つ赤き異材の女。彼女は正義の銃士を鼻でわらう。
「君のその自尊心を根本から粉砕してやろう。決闘でな」
不敵にわらう女は、今日も赤をまとう。

地底の大機関
「ああ、未だにこの耳から離れようとしないのです」
打ち明ける男の瞳は黒く淀んでいた。
「ええ、配管工の私はその日、点検の為に中央市に赴いておりました」
男は仕舞い込んでいた恐怖をゆっくりと吐き出していく。
「あれは、ああ、まさに〝奴〟の息遣いだったのではないかと」
それは恐怖の再生ではなかっただろうか。
「思わず振り返ってしまった私は見たのでございます!」
帝都の地下深く、男はあの日を思い返す。

自警団の結成
それはまだ《時計塔》もない時代。終戦がもたらしたものは国家間の平和。終戦が持ち帰ったものは大都市の混乱。蒸気大戦直後の帝都は暴力と混迷に見舞われていた。戦場から帰還した兵隊崩れたちが市を荒らす。
道重は兵隊崩れの襲撃により市で死人が出たのをきっかけに仲間たちに用心棒の雇用を提案する。
「用心棒ってのは、まぁまぁいい手だ」
そう言って道重の肩を叩いたのは誠道と名乗る男。彼は俺も兵隊崩れだと名乗った。
激しい暴力の中にも立ち上がろうとする者はいる。彼らが築くものは……。まだ誰も、過去の罪を数えない。
関連記事
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室