FC2ブログ

鐵と金剛

〈蒸奇都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~
鐵と金剛
(テツとコンゴウ)

シリーズ「幻影の双貌(そうぼう)」第四弾です。
「幻影の双貌篇」についてはこちらの記事をご覧ください

書影
鐵と金剛表紙

諸情報
頒価:1000円
頁数:400ページ
版型:文庫判(A6)
発行日:2021/1/17
著者:蒸奇都市倶楽部(赤煉瓦)
発行:蒸奇都市倶楽部
監修:シワ(売文舗 シワ屋)
イラスト・デザイン:へっぽこタルト

在庫
多数

あらすじ

――私たちの世界と選択肢はあの日に奪われた

故郷を喪った双子、リーゼルとクァナは〈蒸気都市〉帝都へ落ち延びてくる。
身寄りのない二人を預かることとなったのは初老の「なんでも屋」三堂鐡志だった。
しかし人間と蒸気機関に大きな不信をいだく姉のリーゼルは、
三堂に怒りと不安をぶつけることしかできず不和を生みだしてしまう。
そんなリーゼルの言動に三堂は理解を示し……。

そのころ工作員シヴァ・エンドラも帝都へ降り立っていた。
彼の目的は帝都へ逃げ込んだ〈来たるべき種族〉である双子の確保であった。
さっそく行動を開始したシヴァは瞬く間に三堂の存在をつかみ、魔手をその背後に伸ばす。

双子の行く末をめぐり三堂とシヴァが衝突する。
リーゼルとクァナの叫びがこだまし、蒼の閃光が帝都を貫く。

その光は、帝都に射す希望の曙光となる。
「人間は嫌いだが、テツシのことは嫌いではないぞ」



初出
『暗翳の火床』は過去の発行物『蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」』(2013年、在庫なし)掲載の『鐵と金剛 前編)』ならびに、『蒸奇都市倶楽部報 第二号「鐡と金剛」』(同年、在庫なし)掲載の『鐵と金剛 後編)』を、大幅に加筆修正したうえで文庫化したものです。



試読版(試し読み)

試し読みとして「第一幕」のおよそ9割(全65ページ)を収録した、
『「鐵と金剛」試読版』を PDF ファイルで Google ドライブ と BOOTH にて公開しています。
試読版の本文仕様は完全版となる本冊子とまったく同じです。
下記よりダウンロード等でご覧ください。(ファイルは単ページで、ファイルサイズ約4MBとなります。)

Googleドライブ(PDF直リンク
『鐵と金剛』試読版(PDF)(PDF/単ページ):約4MB

BOOTH(無料ダウンロード/※pxiveアカウントが必要です)
『鐵と金剛』試読版(PDF)

SCC12鐵と金剛試読版00 SCC12鐵と金剛試読版01
SCC12鐵と金剛試読版02 SCC12鐵と金剛試読版03


本文の見本
※サンプルは実寸ではありません
実寸はA6判、本文は18文字40行の文字サイズ12級となっています。

*目次
SCC12鐵と金剛目次

*12ページ~15ページ
SCC12鐵と金剛1213 SCC12鐵と金剛1415

*16ページ~19ページ
SCC12鐵と金剛1617 SCC12鐵と金剛1819

*20ページ~23ページ
SCC12鐵と金剛2021 SCC12鐵と金剛2223

冊子版通販

BOOTHにて通販を行う予定です。
関連記事
ブログ内検索
管理団体

蒸奇都市倶楽部

Author:蒸奇都市倶楽部
Twitterアカウント(アカウント方針)
スチームパンク風な(同一世界設定の)小説作品を発表する団体です。
メールはこちらからどうぞ。

直近の記事
記事分類
噴出蒸気
年月別記事
バナー
バナー
管理室